So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<敦賀原発>1号機原子炉停止へ 冷却水漏れで(毎日新聞)

 日本原子力発電は10日、運転中の敦賀原発1号機(福井県敦賀市、沸騰水型、35.7万キロワット)の原子炉を11日未明に手動停止すると発表した。タービン建屋1階(管理区域)で、微量の放射能を含む冷却水約1リットルが漏れていたため。漏れた量は法令報告基準の約1000分の1で、環境への影響はない。

 原電によると、10日午後3時5分ごろ、原子炉から出た高温蒸気(12気圧、約190度)を分離した水分をためるタンク(高さ約2メートル、外径70センチ)の床に漏れているのを巡回中の運転員が見つけた。タンク横のマンホール(直径45センチ)との継ぎ目から漏れたという。タンクは99〜01年の定期検査で点検していた。

 1号機は今年3月に国内の原発で初めて運転開始から40年を超えた。その後の運転停止は初めて。【酒造唯】

【関連ニュース
憂楽帳:80年の夢
原発ニュース:敦賀2号機で監視装置の電源入れ忘れ、原因と対策まとまる /福井
敦賀原発:2号機、定検作業を公開 /福井
支局長からの手紙:80年の夢 /福井
原発ミニニュース:敦賀2号の水漏れは作業連絡ミス /福井

菅−亀井会談 郵政法案「成立期す」を確認(産経新聞)
患者負担でHIV検査 院内感染防止で聖隷横浜病院(産経新聞)
わいせつ送検の前アート社会長恐喝容疑、芸能事務所元代表を逮捕(産経新聞)
<WWF>「パンダボール」でサッカーを 途上国の医療支援にも(毎日新聞)
27日に「孤独死」の講演会(医療介護CBニュース)

訃報 大野一雄さん103歳=国際的舞踏家(毎日新聞)

 世界に「BUTOHブーム」を巻き起こし最晩年まで踊り続けた国際的な舞踏家の大野一雄(おおの・かずお)さんが1日午後4時38分、呼吸不全のため横浜市内の病院で死去した。103歳。葬儀の日取りなどは未定。

 北海道出身。日本体育会体操学校(現日本体育大)在学中に舞踏家を志した。卒業後、横浜市の女子高に体操教師として勤める傍ら、モダンダンスを習い始めた。第二次大戦中は召集されて中国などを転戦。復員後の49年、舞踏家として初公演。以後も教員として働きながら、活動を続けた。

 60年代に土方巽さんと共に、白塗りの化粧にすり足というスタイルで、日本の大地に根差した前衛的な舞踏を作り上げた。土方さんが「暗黒舞踏」と称されたのに対し、大野さんは即興性を重視した「魂の舞踏」と呼ばれた。

 80年「ラ・アルヘンチーナ頌(しょう)」をフランスのナンシー国際演劇祭で舞い、絶賛を浴びた。以後、海外公演が相次ぎ、世界の「カズオ・オオノ」として名声を確立する。他の作品は「わたしのお母さん」「花」など。

 100歳を超えても舞台に立ち続け、最晩年はアルツハイマー症とも闘ったが、踊りへの意欲は衰えなかった。99年、イタリアのミケランジェロ・アントニオーニ芸術賞。息子の大野慶人さんも舞踏家。

前原国交相「ツートップの問題極めて大きい」 内閣の支持率低迷(産経新聞)
市民団体が上申書提出 小沢氏の陸山会事件 (産経新聞)
「選挙目当てマニフェストの結果」八ツ場ダム予定地の町長(産経新聞)
逃走中? 電車にはねられ死亡=男性が踏切立ち入る―東京・八王子(時事通信)
「代替休暇制度」創設でどうなる? 長時間労働抑え、多様な働き方推奨(産経新聞)

パトカー追跡の車が事故=男性重体、同乗の男児も軽傷―奈良県警(時事通信)

 22日午前10時45分ごろ、奈良市針町の名阪国道下り針インター付近で、県警高速道路交通警察隊の覆面パトカーが追跡していた乗用車が、道路左側の斜面に乗り上げた後、ガードレールに衝突した。運転していた40歳ぐらいの男性が意識不明の重体となり、後部座席にいた息子とみられる男児も軽傷という。同隊は2人の身元確認を急ぐとともに、事故原因を調べている。
 同隊によると、覆面パトカーは約8キロ手前で、制限速度を超えて走行している車を発見。サイレンを鳴らし、赤色灯をつけて追跡した。車は針インターを出ようと左に曲がろうとしたところ、大きくそれて衝突したという。同隊は男性がハンドル操作を誤ったとみている。 

【関連ニュース
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
高速新料金6月実施を断念=関連法案の審議進まず
夏モデル、すべて防水対応=KDDIが携帯10機種発表
首相をトップ、本部格上げ=政府、関連法の改正検討

西日本大雨、土砂崩れで神戸電鉄が一部運休(読売新聞)
日銀会合、事務方排除=財務省・内閣府(時事通信)
大阪・港区の男性死亡 330メートル引きずられた跡 防犯カメラに不審トラック(産経新聞)
首相、沖縄知事と会談=日米合意内容を説明―普天間(時事通信)
<放送法改正>自公が修正案(毎日新聞)

「朝日新聞襲撃」名乗った男性自殺?遺体発見(読売新聞)

 1987年5月の朝日新聞阪神支局襲撃事件などを巡って、週刊新潮に掲載した手記で「実行犯」を名乗った島村征憲(まさのり)氏(66)が、4月13日に北海道富良野市内で白骨化した遺体となって見つかっていたことが18日、道警への取材でわかった。

 自殺とみられる。

 島村氏は昨年1、2月、自らを朝日新聞阪神支局襲撃事件の実行犯だとする手記を、4回にわたって週刊新潮に連載した。しかしその後、証言を翻し、週刊新潮も誤報を認めた。

「河村市長、議会とうまくやって」身内も注文(読売新聞)
山岡氏が請求放棄 週刊新潮名誉棄損訴訟が終結(産経新聞)
転落 ホテルの見晴らし台崩れ7人重軽傷 山梨・富士吉田(毎日新聞)
保険金・動機、深まる謎…高槻の死体遺棄(読売新聞)
電車内で女性の下半身触る 小学校事務職員を逮捕 (産経新聞)

<横須賀男性遺体>死亡後にカード 複数回使われる(毎日新聞)

 神奈川県横須賀市の無職、小林章浩さん(62)方で、小林さんとみられる遺体が見つかった殺人事件で、今月に入ってから何者かが小林さん名義のクレジットカードで複数回キャッシングをし、現金を引き出していたことが捜査関係者への取材で分かった。司法解剖の結果、小林さんは先月下旬ごろ頭を鈍器で殴られ殺害されており、県警浦賀署捜査本部はキャッシングをした人物が事件に関与している疑いがあるとみて、割り出しを急いでいる。

 捜査本部によると、小林さんの自宅からは財布も見つかっていないという。【吉住遊】

【関連ニュース
横須賀男性遺体:頭蓋内出血が死因
殺人:男性遺体に複数の切り傷や刺し傷 神奈川・横須賀
遺体発見:神奈川県横須賀の男性方で 頭部に殴られた跡
神奈川・横須賀の男性変死体:死因は頭蓋内出血
変死体:頭部に殴られた傷、住宅に男性遺体−−神奈川・横須賀

名護市長に首相「抑止力の観点から協力を」(読売新聞)
お疲れさま…高速道のUターンラッシュ本格化(読売新聞)
九年庵 新緑の庭園、初の一般公開 佐賀・神埼(毎日新聞)
<郵便不正>「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず(J-CASTニュース)

<普天間移設>「国外・県外」の決議案採択 沖縄県民大会(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の国外・県外移設を求める県民大会(実行委主催)が25日午後3時から、同県読谷村の運動広場で開かれた。主催者発表で9万人が参加し、「普天間飛行場を早期に閉鎖・返還するとともに、県内移設を断念し、国外・県外に移設されるよう求める」との決議案を採択した。

 超党派による普天間移設の大会は初めて。初参加した仲井真弘多知事は「県内移設に反対」と明言こそしなかったが、「鳩山政権は公約に沿ってネバーギブアップ、しっかりやってもらいたい。全国の皆さん1人1人の安全保障が沖縄につながっている。どうか基地負担の軽減にお力を、手を差し伸べて頂きますようお願い申します」と訴えた。

 政府の検討過程の中で、キャンプ・シュワブ陸上部(名護市)案やホワイトビーチ沖合(うるま市)案という県内移設案が浮上。ここへ来て、自公政権時に日米で合意したシュワブ沿岸部の現行計画を模索する動きもあり、大会では強い反発と批判の声が相次いだ。【井本義親】

<中大教授殺害>検察側、心神耗弱争わず 整理手続きで方針(毎日新聞)
足利事件遺族に謝罪=「真犯人逃し、時効経過」−栃木県警(時事通信)
殺人 短期マンションで腹刺され男性死亡 外国人か…三重(毎日新聞)
中国ヘリ、また海自護衛艦に異常接近(読売新聞)
共同通信次長を逮捕=酔って駅員に傷害容疑−警視庁(時事通信)

仙谷戦略相に苦言=増税争点の解散発言で−大塚内閣府副大臣(時事通信)

 大塚耕平内閣府副大臣(金融など担当)は18日、テレビ朝日の番組で、仙谷由人国家戦略担当相が消費税率引き上げを争点に任期途中での衆院解散も選択肢になり得るとの見方を示したことに関し、「総選挙の時期について触れることは、少し控えた方がいい。(衆院解散は)首相の専管事項だし、もう少し慎重に発言した方がいい」と苦言を呈した。
 消費税率引き上げについては、今夏の参院選のマニフェスト(政権公約)には「書くべきではない」と強調。現時点で議論はしても4年間の衆院任期中は上げず、次期衆院選で有権者に問うべきだとの考えを改めて示した。ただ、政府が6月に策定する中期財政フレームでは「(消費税の考え方について)触れるべきだ」と語った。 

3月の自殺者2898人=前年同月比7カ月連続減−警察(時事通信)
<毎日デザイン賞>表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌(毎日新聞)
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も(産経新聞)
「政治主導成功せず」21世紀臨調が提言(産経新聞)
迷走普天間どこへ…結びつき深い沖縄と米軍 現地ルポ(産経新聞)

容疑者、パトカーに覚せい剤=連行時「隠した」−奈良県警(時事通信)

 奈良県警橿原署のパトカーの中から小袋に入った覚せい剤が見つかった問題で、36歳の男が2007年に逮捕された際、車内に覚せい剤を隠していたことが8日、県警への取材で分かった。
 県警によると、男は07年2月に橿原市内のDVDレンタル店で万引きした窃盗容疑の現行犯で逮捕された。
 男は別の覚せい剤所持事件の調べで「警察官に見つかるのを避けるために隠した」などと供述。一緒に置かれた注射器などに付着した指紋が男のものと一致したという。男がパトカーで同署に移動する際に隠したとみられる。 

<警察庁長官銃撃事件>アレフが都公安委に苦情申し立て(毎日新聞)
常用漢字改訂案、変更せず=「碍」は見送り−文化審(時事通信)
西部ガス発砲、組事務所など捜索…福岡県警(読売新聞)
<ミズバショウ>「清明」の節気に白い花 岩手(毎日新聞)
内閣支持率「危険水域」20%台 首相「改革の方向間違ってない」(J-CASTニュース)

「考え事していて…」和歌山線でオーバーラン(読売新聞)

 4日午後10時35分頃、和歌山県紀の川市深田のJR和歌山線紀伊長田駅で、高田発和歌山行き普通電車(2両、乗客約10人)が止まらずに約60メートル行き過ぎた。

 同駅での乗降客がいなかったため、電車は同駅に戻らず、6分後に運転を再開し次の打田駅に向かった。

 紀伊長田駅は無人駅で、この電車が最終だった。JR西日本和歌山支社によると、運転士は「考え事をしていて、ブレーキをかけるタイミングが遅れた」と話しているという。

首都圏の大学50校で窃盗80件? 無職の男逮捕(産経新聞)
送り主とのトラブルなし 日本医師会あて鉢植え発火(産経新聞)
谷垣総裁 自民執行部の刷新を拒否(スポーツ報知)
AKB48の偽造握手券出回る=少年2人「男から受け取った」−警視庁(時事通信)
「仕分け調査員」に新人95人=民主(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。